兵庫県警察・タイトル画像 シンボル・マスコットの紹介へ
テレビ・ラジオ放送 入札情報 訓令・通達の公表 意見募集 リンク集 全文検索 メール 公安委員会へ
トップページ県警の紹介科学捜査研究所
 科学捜査研究所

科学捜査研究所 〜科学の力で社会貢献〜
 Protection and Service with Forensic Science

組織の特徴
科学捜査を担当する部門として科学捜査研究所が設けられ、大学や大学院の課程を修了し、さらに各種専門分野で研修を積んだ法科学のエキスパートである多くの研究員が、犯罪に関する鑑定・検査や研究を行っています。

業務の概要
犯罪が人の行為である以上、犯罪現場には犯人の行動や被害者との関連を裏付ける証拠物件が必ず残されています。

これらの証拠物件を鑑定・検査することにより、科学的に犯罪を解明・立証するほか、多様化する犯罪に対処するため最先端科学技術を導入し、新しい鑑定法の研究を行っています。
  顕微鏡の写真
分野別の業務

法 医
犯罪現場に残された血液(血痕)、体液(唾液、精液等)、毛髪、骨、組織など犯罪に関連する多くの資料について鑑定・検査を行っています。これらの資料から、血清学的な手法による血液型検査や最新の科学力を導入したDNA検査などを行います。また、実際の犯罪現場でもルミノール反応など様々な検査を行い、多様化・多発化する凶悪事件における犯罪の証明や解決に力を発揮します。
《血液型検査》   《DNA型検査》
血液型検査 DNA型検査
 
化 学
覚醒剤、麻薬、大麻、シンナーなどの依存性薬物、中毒死事件の薬毒物、放火事件に使用された油類、不法に投棄された産業廃棄物や工場排水などの化学的な鑑定・検査を行っています。化学工場の爆発事故などでは現場へも出動し、原因の究明を行います。
《薬物の検査》   《産業廃棄物の検査》
薬物の検査 産業廃棄物の検査
  《顕微鏡による確認》
顕微鏡でないと確認できない微小・微細な資料については、種々の高性能分析機器を駆使して分析します。 顕微鏡による確認
また、微小・微細な資料のうち実験室の装置で分析が難しいものは、「SPring-8」の放射光を用いて鑑定します。鑑定に放射光を活用しているのは兵庫県警だけで、全国の警察から鑑定を依頼されています。
《SPring-8》   《SPring-8 ハッチ内の状況》
SPring-8 SPring-8 ハッチ内の状況
 
物 理
火災・交通・労災事故や放火・ひき逃げ・発砲事件では現場調査や再現実験を行い原因を究明します。
この他にも塗膜片や弾丸など現場で採取された資料の鑑定・検査や抹消された刻印の検出、サイバー犯罪に使用されたコンピュータの解析なども行います。
《火災の再現実験》   《ライフルマークの比較検査》
火災の再現実験 ライフルマークの比較検査
  《車両を使った再現実験》
車両を使った再現実験
 
文 書
筆跡から筆者を割り出したり、押印された印影と印章の異同鑑定を行います。また、偽造された紙幣・免許証・パスポートなどの印刷物の検査や抹消された文字の判読も特殊な光学機器を使って行います。
《偽造印刷物の検査》
偽造印刷物の検査
 
心 理
犯罪や事故の関係者にいろいろな質問をし、呼吸や脈拍などの生理反応の変化を検査・解析することにより、その犯罪や事故に関係しているかどうかを判定するポリグラフ鑑定を行います。
《ポリグラフ検査》
ポリグラフ検査
ページのトップへ
著作権表示